日常

晴れている日が好きです。

青い春と夏休み

青春青春よくいうけど、

青春を実感するのは青春時代ではない。

歳をとってから振り返って

あの時青春だったね、って気づく、

 

でもその振り返って気づいたその瞬間も

多分、年取って振り返ったら

ある意味青春だったりする。

 

謎である。

 

夏休みの思い出はいつになっても鮮やかで

あの時楽しかったなあって思えるものが

ほとんどである。

 

もうとっくに大人になっているので

キラキラした派手な記憶ではないが

去年の夏は群を抜いて楽しかった。

 

そして今年もそんな風になる気がしている。

 

何もしない休みをすごすと

自分が許せなくなるので

空いてる日は適当に用事を作って埋めて

軽く仕事や勉強の時間を設ける。

 

仕事や勉強の時間をちゃんと作らないと

良い休みだったと思えない。

 

天性の社畜なのだろうか。

 

 

現在絶賛夏休み中であるが、

たったいま文を打ちながら

資格勉強をしていて

明日は新幹線の中で仕事をするつもりだ。

 

うん、だから

良い夏休みになると思ってる。

 

来年振り返った時に

ああ、あの時良かったなってなれると思ってる。

 

自己啓発本が好き

難しい内容の本は読めない。

小説も、

登場人物の気持ちに共感できないものは苦手。

あと、海外の本を和訳しました!って感じの言葉が並べられてると気持ち悪くなる。

 

自己啓発本だけ、なぜか、

何を読んでもしっくりくるし、最後まで読める。

 

 

悩み多き人間だからなのか、

納得させられることが多くあり

どんな意見に対しても特に反論を持たない。

実践してみることもある。

 

 

本が大嫌いで国語が苦手な私からすると

凄い進歩である。

 

どんなジャンルであれ、進んで読みたいと思えるのだから。

眠くなる会議と眠くならない会議

会議になると決まって寝てしまっていた。

しかしここ1週間は寝ずに済んでいる。

 

 

なぜなのか。

 

この違いは簡単に言えば、内容がまとまっているか否かだ。

 

例に、

情報共有を目的とした会議を挙げる。

 

以前は案件ごとに担当が時系列で事象を細かに述べるスタイルであった。

 

今は、案件がきた経緯とその内容を説明、現状を報告(その理由も)、今後のアクションやスケジュールをそれぞれ簡潔にまとめ共有という流れになっている。

 

また、総括をする上司が全共有を行なうためか、アジェンダに統一感がある。

 

情報量は少ないが、理解は増している。

理解すると仕事に対し面白みも出てくる。

 

 

仕事へのやる気が

こんなところで変わってくるとは。

 

この問題を

いかに良い上司を持てるか、とするか

いかに自分の中で簡潔に咀嚼できるか、とするか。

 

どんな会議でも寝ないような

取り組み方を

今後はできればいい。

 

 

 

おわり